モナリザ by ヴィンセント•カラブレーゼ
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

モナリザ by ヴィンセント•カラブレーゼ

残り1点

¥165,000 税込

送料についてはこちら

オリジナルの設計に基づいて、ネジひとつから中身のムーブメント、外装、針、文字盤まですべてを一人で手掛ける世界で34人しかいない独立時計師。その独立時計師の中でも天才と名高く初代会長も務めた「ヴィンセント・カラブレーゼ」が唯一制作したクォーツモデルがこの「モナリザ」。1時間ごとにモナリザが服を脱いでいくというユーモア溢れたジャンピングアワー機構搭載しています。ほとんど市場に出回らない希少価値MAXのGEEKな腕時計。大人の紳士の方にリコメンドです。箱、説明書付き。お買い上げから2,3日以内に発送致します。 本体直径34mm 厚み8.2mm 34g ムーブメント:クォーツ  ムーブメント(Base ETA955-424) 時、分、秒表示、 ユニーク ジャンピング アワーディスプレイ ケース:真鍮合金GP クリスタルガラス 日常生活防水(3気圧防水) 皮ベルト スイス製 —————————————— ヴィンセント・カラブレーゼ(Vincent Calabrese 、1944年生まれ)はイタリアのナポリ出身の時計師である。独立時計師アカデミーの設立メンバーの一人で、初代会長を務めた。コルムの『ゴールデン・ブリッジ』のプロトタイプを制作したことで有名である。代表作は1994年に発表した『ナイト&デイ』など。2004年には横尾忠則とのコラボレーションによるクォーツ時計『タイム・ウェブ』を発表した[1]。 2008年に自身のブランドをブランパンに売却し、研究開発部門で「カルーセル」などのムーブメントの研究・開発に当たった[2]。これまでに制作した時計はブランパン入社後もアフターケアを行うと明言していた[3]。 その後2012年にブランパンを去り、同じくアカデミーの時計師ジャン・カゼスの工房を受け継いでオリジナルの腕時計製造を再開するとともに壁時計の製作も手掛けている[4]。 ————————————————————————